FC2ブログ
2009/03/25 (Wed) 01:17
いよいよ 総合調律に入ってまいりました。。。。

さて、前回はハイテクな機器による整音をご紹介しましたが、今回は・・・・

ローテクですw(^^)w

ハウプトベルクのオクターブ4フィートの音程を、ブルストベルクのプリンシパル4フィートに移す作業に入りました。今回は、古典的な手法で、5度圏円を見ながら、4度、5度の音を聞きながらの作業です。

ところで、この図 魔方陣みたいに見えませんか?(私だけか??w)

IMG_1524_convert_20090325010356.jpg


このオルガンに使用されている音律はナイトハルトです。

↑の 5度圏円をみながら、純正なのか早いうなりなのか、遅いうなりなのか、それとも・・・・

4度と5度の音を聞きならが、一音づつ 移していきます。。。
オクターブでの確認もね。。


で、本来は それで ばっちり~~~! な筈なんですが・・・

一応ね、、、念のため・・・・
やっぱり 間違ってたらまずいですからね・・・

↓のような機械で・・・・ もう一度確認を。。。

IMG_1523_convert_20090325010432.jpg


音高が0.1セント単位で表示されますんで・・・

これで確認すれば、ばっちり♪



でもね・・・



そうは簡単に 問屋が卸してくれない訳で・・・・

調律してると、人体の影響で ずれちゃいますから、そのつど、体を遠ざけないと ダメですし・・
前後のパイプの影響も受けてしまうので、
他のパイプ調律した結果、ずれてしまうこともあるので、何度も繰り返して 追い込まないとダメだったりします。。





(追記)

あ、そうそう~  調律器でネタ思い出したんで追記しますがぁ~

この調律器 0.1セントまで音高読めちゃう訳ですね・・ 表示されてしまう以上、見ると気になっちゃう人も出てくるわけです。

「0.4セントずれた~~  もういっかい直そう」 ってな具合にね。

で、どこぞのお仕事の非常に丁寧なオルガンビルダーの方だったりすると、
これがアダになってしまいまして・・・
音合わせるのに とっても時間が・・・・

びったり 0.0セントと表示されないと気がすまないとか・・・

するってーと ただでさえ丁寧なお仕事ですからね・・ 進捗が・・・ むにゃむにゃ(^^)w

いい~~仕事してます♪






 
 
スポンサーサイト



2009/03/22 (Sun) 11:10
いよいよ 整音・調律作業も 大詰めを迎えててきました・・

一部のリード管を除いて、ほぼ終了。。。

この後は、総合調律作業に突入していく運びであります。。。

一時はね、、「本当に 終わるんかいな?」なんて思った時期もあるのですが、各人 奮闘努力した結果、だんだんと マトマッテきた訳です。

さて、、整音作業に こんなもの引っ張りだしてきました。。

FFTアナライザーです。

IMG_1495_convert_20090322105126.jpg

理系の方や、音響など詳しいかたは ご存知かと思いますが・・・

連続した信号を 構成する周波数成分とその強度に分解し、表示する 装置です。
と、書いてもなんですが・・・ww

すごく乱暴に言うと、 「音」って その音の 「基音」と 沢山の「倍音」を まぜあわせて 出来ているものなんですね。。 FFTを使うと、 音をマイクロホンで撮れば、 含まれている 基音や倍音を全て表示してくれる という 寸法です。

料理にたとえれば・・・・ 美味しいスープを ぺろっとなめれば、、、、、  使われている 材料・調味料全てが わかっちゃうという・・ 優れものです。


音質(音色)は、基音と倍音の含まれ方で、決定されます。。。 つまり 同じ音色の音は、同じ 倍音分布になっていると いうことです。。 逆に言うと、 同じように聞こえても・・ 倍音構成が違えば・・ それは 違う音。。 耳が勘違いしてるか、、判別不能なのか・・・ 、耳の性能が悪いのかwww

前置きが長くなりましたが・・

写真は トランペット8フィートの音を分析して表示しているところです。

ブルーと緑の 二つのグラフがありますが、これは 音を対比して表示させています。

グラフの各 山が・・・ 音を構成する 基音と倍音郡です。。
ブルーのグラフで言うと、一番左の山が 基音。
それ 以後が、第2、第3,4,5,6・・・・・ 倍音。

リード管は 音の感じでも判りますが、とっても沢山 倍音成分が含まれています。

緑のグラフと 比較してみてください。。 右側の倍音部分( つまり 高い周波数付近)の 倍音の強さに若干違いが みられますね。。

(山の高さが その音の強さになっています。)

この違いで トランペットの音色の明るさが かなり変わります。

ここでは、ブルーのグラフになるように・・・ 現在の 音を整音しているところです。緑のグラフが現在の音の状態です。。 この写真では、もうすこし 倍音を強くだして明るくさせる必要があるという訳ですね。


。。。。


一般的に オルガンの整音作業では 耳で聞く のが 原則な訳ですが、、、

今回こういった新しい試みもやってみました。。

どーしても 判別できない微妙な違いや・・ リードが適正に振動してない音の検出など・・
とっても作業効率が上がりましたね。。。






 



 
 
2009/03/13 (Fri) 10:40
毎日 整音・調律の連続な訳で ネタが無いのですが・・・
(本当はね・・・ ブログに絶対書けない とっても面白いネタの連続なのですが・・・)
(ま、これら件は ほとぼりが冷めたら、いずれ・・・・・)

しかしながら、なぜか不思議と 出てくる  「出る」  ねたw

ということで、好評頂いております シリーズ第三弾。。。。


ケース1 

先日、ある女性の方のお話を聞いていると・・・・

「私 夜中に家にとてもいられなくて、、、ネットカフェに避難しているんです。。」
「へ? どういう意味ですか??」
「出るんですよ・・・」
「出るって あれですか?」
「あれです! 家の位置が霊の通り道になっているらしく、、、0時すぎたあたりから・・・・
 ぞくぞくと 来るんです。。。   盛り塩やら お札で対抗しているんですが・・・・」

・・・・・・ 「まじ ですかい???」

「見えるんですか??」
「いつでも 見えますよ~~~」


・・・・・・・ 「絶句」



ケース2

S親方のご実家のご近所(だったったっけな・・・)での話・・・・

そこの家の娘さんが、やたら 夜泣きをしたそうな・・・
しかし、普通に育ち、 とっても素敵なお嬢さんになったらしいのですが・・(関係ないし・・・)

その娘さんのお部屋が・・・ 以前 人が自殺した部屋だったと・・・

で、そこのお母様などは・・ 「見える」 らしく、、、、

「あら 今日は いらっしゃるかしら???」  とか 言っていたそうな・・・・


ケース3

で、そんな話を お友達とお話していたんですが・・・

「私も みたことあるよ~~~
「え””””   うそでしょ?」
「子供の頃にね・・・ 座敷童子っていうのかな・・・ あれ」

「ね、ね、そういうの信じてる訳?」
「もちろん♪」

。。。。。。。 絶句


なんで、こう ボロボロ 出てくるんでしょうね。。。 こういう話・・・・

なんて 言っているうちに、

突然とんでもないこと 思い出しました。。。。。。。。

そういえば、、、、、
記憶を封印してたんですが・・・

私の 家内も 霊感が・・・・ むにゃむにゃ・・・

ずいぶん昔のことだったのですが、
私が遊びにでかけ、高速道路を ぶっとばしていた その時・・・・
犬がふらっと 出てきちゃったんですね。。

目の前だったので、成すすべもなく、 ぶつかってしまったのですが・・・
車も中破しましたので、急遽予定は 全てキャンセル。自宅に戻ると・・・

出迎えた、家内。。。
「あなた! ひょっとして 犬ハネタでしょ?」
「え???? なんで わかるの」
「茶色い この位の 犬でしょ・・?」
「。。。。。。。。  そう。。。。」
「あなたの 横にいるもん。。。。」

どひゃ~~~~~

もう、腰抜けるほど おどろいて・・・

速攻で 犬の供養と車のお祓いをとり行いました。。。。

やっぱ あるんですかねぇ。。。。。


・・・・


で、追い討ち ダメ押しの やばい話。。。。


いまの仮住まいのアパートの隣の家なんですが・・・・

人の気配が 全くない。。
そう 大きな家じゃ ないので 人がいれば絶対判るはずなのに・・・

だけど、、、 だけどですよ。。

おおきな仏壇があり、 いつも 蝋燭の明かりが・・・・

その部屋だけ、障子とか開いていて 丸見えなんですよ。。。

昨夜も のぞいてみると・・・
真っ暗な 家に  蝋燭の炎で照らされた、ブキミな仏壇が・・・・

庭には 井戸を埋めた後なのか、 妙な 祠(ほこら)のようなものが・・


きゃ~~~~ やばすぎ。。。



さすがに 背筋に フルエが来ましたよ。。。


夜中にね。。。 ドア 「とん・ とん・」 っと 音しても絶対 あけれんな。。。。





 
 
2009/03/10 (Tue) 00:45
ここのところ、同じ作業の繰り返し状態だった訳ですが・・・

ちょっと毛色の変わったイベントがありました。(^^)

須藤オルガン工房主催「金属管を作るワークショップ」

です。

詳しい内容は オフィシャルブログにて提供されていますので、そちらを参考にしていただくとして、、、

うら話など・・・

前日にいろいろと特設作業台・材料確認・使用工具器具確認などを 行ったわけです。
で、必要な工具が全てそろっているかの確認の意味も込めて、一本作ってみたんですね。。私が。

そしたら、材料の融点が意外と低く、半田付け途中で 「ぼろっと」穴が開くわけです。。
この2ヵ月半 半田づけ相当量こなして、そこそこ自信があったんですが・・・

ぼろっと・・・・   きゃぁ~  開いちまったぁ・・・(;;)   てな具合。

急遽作戦会議・・・

このまま 明日、お客さんにやってもらったら、 最悪な事態が予想されます。。
材料大目に持ってきているとはいえ・・  かなり心配。

半田こての温度を かなり低めに設定し、溶け具合を絶えずチェックすることで乗り切ることとしました。。。

ぶっつけ本番でやってたら、阿鼻叫喚の地獄絵間違いなしでしたよ~ん。


さて、 当日は・・・

みなさん 緊張しながらも和気藹々と 楽しんでいただけたようですが(^^)

やはり難関は半田付け作業だったようですね・・・
ま、普段やりませんもんね。。。

「うまく付かないなぁ・・・(;;) 私、そこそこ器用な筈なんだけどなぁ~~」 の Aさん
手に汗握るとは、このことで・・・ 緊張のあまり 手の汗で、 半田のマスキング塗料を溶かしてしまった Bさん
奥様に叱咤激励されながら、奮闘されていた Cさん
「え?? 意外に半田うまい?? 今度手伝ってよ~」と言われたDさん
「きゃぁ~ 熱い(><) やけどしたぁ」 「だ、大丈夫ですか?」のEさん
パイプを縦に置いて半田付けしている Fさん 「普段アーク溶接はこの方向でやってます♪」


などなど・・・

それでも、全員 2点c の パイプを完成し、オルガンに入れて鳴らしてみて、お持ち帰り。
とっても 楽しい一日でした♪

でもね、、、スタッフ一同 かなり疲れました。。(^^; まじw